FC2ブログ

ケモ化と蝋固めで何とかならないものか

書きました。
ショタとか久々に書いた気がするね。



この世界には「冒険者と呼ばれる」者たちがいる。未知の財宝、遺跡を見つけて一攫千金を狙い、実際に得たものも数多い。


緑髪の少年、ヘキサドリィは他者の結末を先読みする力を有していた。先に読み取り、未来を変えることができる力。『エンドブレイク』の力に導かれるように、彼は洞窟へと入っていき――。


「やっぱり合ってた! この宝箱には何が入ってるんだろう?」

無事お目当ての宝箱を見つけられた。そう、『宝箱を見つける』という結末を先に読み取り、手に入れれば自分のものとする。この力と数多の遺跡があるからこそ、この世界では冒険家が数多く存在し、仕事として成り立っているのだ。


「でも結構大きいな、よいしょ」

手に入れた宝箱には鍵がかかっていない。ドリィは15歳にしては小さく細い腕を使い、箱を開ける。何か入ってればよし、モンスターでも倒すだけの力はある。


「……あれ?」

だが、宝箱には何も入っていなかった。多少嫌な予感がするも気配はすぐに消え、ドリィは首を傾げるばかり。

「確かに見えたのは宝箱だったのになぁ。先に取られちゃったのかも」

もしや自分より先に箱の中身を得たものがいたのか。そう考えようにも財宝はおろか、手がかり1つすらないのでは探しようもない。


「まあいいか、なんだか疲れた……」

ドリィはうなだれつつも帰路につき、その日の探索を終えることにした。幸いドリィの入った洞窟は定住している街から近い位置にある。また見つかればそれでいいやと言う気持ちが、なおさら彼を帰路につかせた。


しかし、次の日の朝……。


「ううん……!?」

ドリィベッドから起き、目をこするとなんだか痛い。自分の手なのに、ゴツゴツしている。こんなものでこすったら目を痛めてしまう、そんな痛みに苛まれて眠気も吹き飛ぶ。そして、おもむろに自分の手を見た。何かが、おかしい。


「なに、これ…?」

ドリィは青ざめた。その手は人間の形を逸し、蹄となっていたのだ。しかも耳もなんだか違和感がある。

「うわぁ……」

姿見には緑の髪から生える耳も人間の耳ではなく、尖った獣の耳が生えた自分。これは間違いなく異常事態だ。


「どどどどうしよう。昨日の探索で何かにやられた? でも何か居たわけでもないし……」

色々考えてもドリィでは結論が出ない。かと言って病院にも行けない。こんな時は――。



「これは…何か変なものでも開けたですぅ?」

「うん、ちょっと宝箱を」

ドリィが駆け込んだのは親友であるメアリーの家だ。淡いピンクのシャツにスカートと少女じみた姿だが、男だ。いわゆる男の娘であり、ドリィとは冒険者としての付き合いも長い。加えて呪術師でもあるメアリーなら、何か知ってるかもしれないとドリィは踏んだのだ。


「とにかくこんな姿じゃ着替えもできないし、何か知らないかなって」

そんなドリィはパジャマ姿。手足がではさすがに着替えられない。

「うーん、こういうのは呪いの原因を壊すのが一番だけど…自分で解呪とかできないですぅ?」


ドリィは「あっ」と、今気づいた顔をして空に魔法陣を書く。今更だが、彼には治癒魔法の心得もある。簡単な呪いであれば解除の心得も習っている。


もしかしたら解除できるかもしれない。そんなことを願いつつ魔法陣を書く……が、途中で鼻がムズムズしだし始めた。


「は、ひ、へくしっ!」

思わずくしゃみをすると同時に、ドリィのパジャマははじけ飛んだ。

「ひゃあ!」

「な、あわわわ……」

服がなくなり慌てるドリィだが、問題なのはそこではない。

「毛、毛が、もこもこに」

そう、くしゃみと同時にドリィの全身から羊毛が吹き出し、服の代わりに覆ってしまったのだ。もっこもこの全身は呪いが解除したとはおもえなければ、肝心の手足も治ってなかった。


呪いがひどくなったわけではないが、治ったわけでもない。むしろ、このままでは――。

「これは……」

「もう、やるしかないですぅね」


2人は宝箱のあった洞窟へと急いた。この洞窟はもともと山賊が占拠していたが、いつの間にかいなくなっていた場所。他に原因があるとすれば…。


「あった、宝箱!」

そう、宝箱しかない。ドリィは宝箱のあった部屋にメアリーを連れ、再び戻ってきた。その傍ら、メアリーは壁に掘られた文面が目に留まる。


「これ、何ですぅ?」

メアリーが見つけたのは、山賊のものだろう日記だった。どうやらこの洞窟には怪しい仕掛けが多く、この山賊も体がどんどん獣化していく呪いにかかっていたようだ。


「最後は宝箱や武器を壊したら収まったってあるですぅ」

「てことは、やっぱり宝箱を壊せば元に戻るかも?」

メアリーは首を縦に振る。可能性としては非常に高い。そんな宝箱が、目の前にある。


「もしかしたら何か出るかも。一応構えておいたほうがいいかも」

メアリーは杖を構え、ドリィは破壊魔法のスペルを唱える。だが、目に強烈な痛みを覚えて言葉が止まる。


「うぅ、目が……」

「あわわ、しっかりするですぅ!」

ドリィの瞳は羊のように縦長になり、もはや羊獣人と言って遜色ない。このままでは知性まで奪われ、モンスターになりかねない。


「う、うん。壊せば、元に……」

言葉もおぼつかなくなりつつある。早く、早くと自分に発破をかけ、そして……魔法が完成した。


「コレ、デ!」

ドリィはしゃがれた声で呪文を唱え終えると、宝箱はカタカタと音を立て、内側から爆ぜるように壊れた。同時にドリィの体から妙な気配も消えていった。


「どうですぅ?」

「少し、ムズムズは収まったかも。頭の痛みも、しゃがれ声も……ない」

ドリィの不安げの顔に、明るさが戻る。大分進行しているとは言え、呪いのもとが壊れた以上徐々に戻るかもしれない。


「ありがとう! あとは戻るまでちゃんと解呪すれば大丈夫そう」

呪いの原因が消え、2人の顔も明るくなり、互いに抱き合う。が、そんな2人を影が覆った。


「あれ、なんだろう、上から――」

メアリーが上を向こうとしたまさにその時、白い塊が2人を呑み込んだ。



後日、ある冒険者が洞窟でとんでもないものを見つけ、街の話題をさらった。

洞窟に佇む獣人の少年と、女装した少年の蝋像は、つららが垂れて見栄えが悪いながらも、そのリアルな外見に惹かれるものも少なくなかった。


冒険者は不気味ながらも倒錯的なこの像を好事家に売り払い、財宝と大差ないお金を手に入れた。この冒険家こそ、ドリィが結末を視たという人物だとは、ドリィ当人しかわからないだろう。


そして、そのドリィといえば――。

「動けない、視られてる……」

「うぅぅ、はずかしいですぅ……」


好事家の手によってそのままの姿でミュージアムへ運ばれ、飾られることとなった。幸い、ドリィもメアリーも意識は残っている。しばらくして蝋が緩めば戻れるかもしれない。


だが、それまでは題名をつけられ、オブジェとして衆目を集め続けるだろう。

『略奪と歓喜の瞬間』という名の蝋像として。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com